2011年8月22日月曜日

Would you take our picture?

講師の渡辺です。

旅行などで寺とか城といった純日本っぽい場所に行くと結構な数の外国人観光客がいます。国際交流ですね。

僕がのんびりお寺の静寂さを味わっているとアメリカンな人が笑顔を振りまきつつ、カメラを手に近づいてきます。

外人さん「△○※▼☆◇…」
僕「………」(なんか言ってるけど、、(-ω-;))

カメラを差し出しているので「これ、you にあげるよ!( ^ー゚)b」とか言ってるのかな、と解釈してカメラを受け取ってそのまま逃げても良いのですが国際問題になりそうな気がします。ま、おそらく
「シャシントッテクダサーイ」
と英語か何かで言っているのでしょう。

でも、日本に旅行に来て、見るからに日本人の僕にいきなり母国語で話しかけてくるのってどうなんだろう、って思います。せめて「トラベル日本語」とか、「日本語、とっさの一言」とかを読んできてほしいですね。(`・ω・´)

仕方がないので、
「はい、じゃー撮りますよー。あー、ちょっと右に寄った方が景色がきれいに写りますよー」
などと、思いっきり日本語で話すことにしています。まあ、英語では何て言えば良いのかが分からないだけなんですが。


今回も顔文字を無理やり使ってみました。そろそろランクアップして絵文字とやらも使ってみたい今日この頃です。

2011年8月11日木曜日

高校生対象の番組制作ワークショップ(8/5〜6)レポート


こんにちは。メディア情報文化学科4年の斎藤です。

8月5日、6日の二日間、福山大学にて、高校生対象の番組制作ワークショップがおこなわれました。
広島県東部の高校8校から総勢47名の高校生が参加しました。
そして私たち学生は、アシスタントとして、高校生の考えた企画に対するアドバイスや、映像制作に対する指導などをおこないました。

参加した高校生たちは、番組の構成を考え、各校それぞれ映像や写真の素材を持ち寄り、ナレーションやSE(サウンド・エフェクト)を加えたりしながら、チームで協力して作品をつくりあげていきました。

映像の内容は各校さまざま。
福山市や府中市のまだ知られていないスポットの紹介や、地域の特産品をPRする作品など、街をもっと活気付けようという作品が多く見られました。

また、なかには学科のバーチャルスタジオを使って「MV(ミュージック・ビデオ)をつくる」というチームもありました。
いきいきと撮影・編集に取り組む高校生の姿は、そばで見ていてとても楽しかったです。

映像作品をつくる過程では、完成までにまわり道をすることもしばしば。
いくつか映像を撮影し、「これだけあれば十分だろう」と考えていたら全く足りなかったり、その反対に、一生懸命撮影した映像が結果的に使えなかったり……。

でも、そんな遠回りがかえって楽しかったりもするのです。

(メディア情報文化学科4年 斎藤 千絵)

2011年8月5日金曜日

高校生対象の番組制作ワークショップ開催中!


講師の飯田です。

メディア情報文化学科では今日(8月5日)から明日にかけて、高校生を対象にした番組制作ワークショップをおこなっています。2008年度、09年度に続いて3度目の開催で、今年は8校から47名の高校生が参加しています。学科のパソコン演習室は満室!

高校生はすべて放送部の生徒さんたちで、NHK杯全国高校放送コンテスト、全国総合文化祭放送コンクールへの応募を念頭に、学校ごとに番組の企画や構成を考えて、制作の指導を受けます。以前の記事でご紹介したように、僕は例年、この両方の審査員を務めています。高校生の指導に当たるのは、三宅正太郎教授と、メディア情報文化学科の学生たちです(僕は裏方に徹しています)。明日はメディア企業に勤めている学科OBも、指導に駆けつけてくれる予定です。

詳細は後日、参加した学生たち自身に報告してもらおうと思います。学科で主催している高校生CMコンテストにも是非、応募してもらいたいです。

(メディア情報文化学科 講師 飯田 豊)

2011年8月2日火曜日

ITパスポート

講師の渡辺です。

前回「顔文字」について書きましたが、僕のようなおじさんが顔文字を使うことの是非を学生さんに聞いたところ、「大丈夫。頑張ってる感じがして良い。」とのことでしたので今回はちょっと無理やり使ってみます。使用法が間違っているところがあったら教えてください。

--本題

3年生のS画伯(怪しい猫型ロボットの絵の作者:以前のエントリ参照)がITパスポート試験に合格した模様(自己採点)です。おめでとうございます。\(^o^)/
ちなみにS画伯は先日、海で携帯を水没させたしまったようです。( ̄□ ̄;)!!

メディア情報文化学科ではこのITパスポートをはじめとして、
・基本情報技術者試験 
・CGクリエイター検定 
・マルチメディア検定
・色彩検定 
といった資格試験をサポートしています。(^_^)v

ただ薬剤師などとは違って、ある職業に就くためには絶対に必要!という資格ではないので、今までのところこれらの資格をとった人はあまり居ないのが現状です。(-_-;)
身近に質問できる教員がいる、恵まれた環境なのですからぜひ資格取得をめざして
いただきたいと思います。(`・ω・´)