2011年4月29日金曜日

山下ミカさん(広島まちなかコレクション)を飯田ゼミにお招きしました


講師の飯田です。

4月27日(水)、広島まちなかコレクション実行委員長の山下ミカさんをゼミにお招きしました。広島まちなかコレクションは、広島市の並木通りを舞台におこなわれている、 「広島で頑張る人を応援する」というコンセプトのファッションショーです。山下さんとは先日のラジオ番組で共演させていただいたさいに知り合い、今回の自主ゼミが実現することになりました。


ゼミは3コマ連続でおこないました。1コマ目は4年生の卒論構想発表。昨年度から継続しているテーマもあれば、仕切り直しもあります。山下さんにはご自身の経験や活動にもとづいて、有益なコメントをいただきました。

2コマ目は山下さんに、広島まちなかコレクションについて紹介していただいたうえで、イベントとメディア(とくにプレス対応)の関係について話していただきました。ここからは人間文化学科の学生さんも参加してくれて、熱心に話を聴いていました。

そして3コマ目はフリーディスカッション。福山まちなかコレクションをやってみたい!と意気込んでいた学生もいるので、今後の展開が楽しみです。

この日の様子については、山下さんもご自身のブログで取り上げてくださっています。遠路はるばるありがとうございました!


(メディア情報文化学科 講師 飯田豊)

2011年4月23日土曜日

RCCラジオ「勝手にトークひろしま!」(4/17)に飯田講師が出演しました

講師の飯田です。

4月17日(日)の夜、RCC(中国放送)ラジオの番組「勝手にトークひろしま!」に出演しました。4月3日(日)の夜、2時間にわたってUstreamで生中継されたインターネット番組のダイジェスト版(1時間)です。広島を楽しく魅力的な街にしていくためのディスカッションをおこなうという趣旨のトーク番組で、昨年度中に2本のパイロット版が制作され、今回から月に一度のレギュラー番組になりました。

テーマは「3.11 広島で」。非被災地で暮らす僕たちが、東日本大震災をどのように受け止め、これから何を考え、何をなすべきか。その迷いや悩みを、思いのままに語るというものでした。番組自体の趣旨とは少し離れていますが、だからといって避けて通ることのできないテーマだと思いました。番組の企画自体は構想段階から中国放送の方にうかがっていたのですが、こうしたかたちで出演する側にまわるとは思ってもみませんでした。

興味のある方はぜひ、番組のアーカイブをご覧いただければ幸いです。インターネットで生中継された映像の録画は、今もノーカットで公開されています。序盤は緊張していますが、中盤から調子が上がってきました。



この番組のパーソナリティである平尾順平さんは、”ひろしまジン大学”という社会教育の取り組みを実践なさっている方で、他の出演者もこの取り組みに縁のある方々です。当日は22:00から2時間の放送、それからスタジオで打ち上げを兼ねて1:30ごろまで話が続き、さらにその後、DJのキムラミチタさんとクラブに繰り出し、平尾さんも合流してくださるという熱い展開でした。その他の共演者の方々とも翌日以降、twitterやfacebookで交流を始めています。西日本でさえも自粛ムードが漂うなか、活力のある動きを起こしていくことができればと考えています。


(メディア情報文化学科 講師 飯田豊)

2011年4月21日木曜日

新設科目「マスメディア論」スタート!



講師の飯田です。

メディア情報文化学科には今年度、「マスメディア論」という講義が新設されました。この講義では今年、岡山放送と共同で新しい試みに取り組んでいます。

岡山放送は、岡山県と香川県の両県をまたいで放送免許が与えられた、フジテレビ系列の放送局です。「マスメディア論」には半年間、岡山放送から2名の現役局員の方(中尾公 総務局次長 と 塚下一男 東京支社業務部長)に講師としてお越しいただきます。編成、営業、報道といった多角的な観点から、ローカル局の現状、課題や展望などをお話しいただく予定です。

ただし、履修者は講師の話を聴くだけでありません。大学生は今、身のまわりに溢れるメディアに対してどのような関心を持ち、その中でテレビをどのように受け止めているのでしょうか。こうしたことを放送局の方々が探り、学生と語り合う場にしていきます。放送局の側からみれば、いわゆる"テレビ離れ"のリアリティを知り、その深層を掘り下げるきっかけになるのではないかと思います。


岡山放送は2008年度、日本民間放送連盟「メディアリテラシー実践プロジェクト」の助成を受けて、高校生とともに番組を制作する活動に取り組み、テレビの送り手と受け手が一緒にメディアリテラシーを学ぶという試みをおこないました。このプロジェクトに飯田が派遣講師として関わり、昨年度、こうした取り組みを無理なく継続するための意見交換を重ねた結果、この講義が実現しました。

講義の内容は、学生との質疑応答を含めて、すべて収録します。岡山放送では後日、社内試写をおこない、講義の内容に関連する部署からは、学生の意見に対する見解や質問への回答を出していただき、次の講義のさいに報告してくださることになっています。すべての講義が終わったあと、ローカル局のあり方について学生と討議する計画も立てています。

そういうわけで、一昨日スタートした講義には、講師とは別に6名のスタッフが教室にいらっしゃいました。カメラマンさん2名、音声さん1名の2カメ体制。制作部からは3名いらっしゃって、そのうち1名は、前日に配属されたばかりの新入社員。ずいぶん奇妙な新人研修になってしまったようです。かなり大掛かりなクルーで、教室自体がマスメディアの制作現場となっています。

地上波のデジタル化が完了する7月まで、あとわずか。テレビのあり方が大きく問われている今、ローカル局の存在価値を探究する実験のひとつになればといいなと考えています。

(メディア情報文化学科 講師 飯田豊)